令和元年日若祭の準備をお手伝いしました

直方山笠祭礼実行委員会と各山笠の有志は、多賀神社の令和元年秋季大祭(日若祭)に展示する飾山の組立てを行いました。

この飾山は、御神幸の際に使用されるものです。

左から、日の出の海、高砂山、宮司神輿、笠鉾、花山の順に並べ展示されます。

高砂山の尉(じょう)と姥(うば)は着付けを済ませたあと飾付られます。
3週間前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です